ソムリエが伝える、輸入・国産ワインと日本酒の総合情報サイト”WineLive.net”

ワイン・日本酒をもっと楽しく、詳しく
WineLive.net
イベント、美味しい一本が見つかる情報サイト

国産ワイン

イベントレポート、レビュー、イベント情報など、国産ワインに関する情報。

    ”レポート、レビュー”

ワイン/日本酒レビュー(コメント)

編集長が実際に食卓で試した輸入、国産のワインとライスワイン(日本酒)を合わせた料理含めコメント。

29社も揃うって、東北がそのままやって来た様なもの「東北ヴァンダジェ2018」」

2「東北ヴァンダジェ2018」
取材日 2018年5月20日
カテゴリー 日本ワイン
産地 東北6県
一昨年まで三年続けて行われていた山形のワイナリーが集結するイベント、「山形ヴァンダジェ」。
一年のブランクを経て、今年さらに規模を拡大して戻ってきました。
しかも距離をものともせず、各社ワイナリーの担当者が誰かしら参加、、、
続きを読む

日本最高の生産地をついに決める?!「TGGJWC 第1回地域対抗トーナメント 決勝」

おいしいアカデミー日本酒コース体験会
取材日 2018年5月15日
カテゴリー 日ワイン
産地 北海道、長野
日本ワインの地域別トーナメントが始まって早9ヶ月。この日決勝戦が行われました。
この日はそれぞれ5種類ずつのワイン10種類飲み比べ。
どちらがいいか決めかねるレベルの高い内容で、、、
続きを読む

これだけ幅があれば、好みのものは見つかるはず「ウィルトス日本ワイン試飲会」

日本ワイン試飲会
開催日 2018年4月20-21日
カテゴリー 日本ワイン
産地 北海道-大阪
日本ワインの色んなイベント・試飲会を物色している当編集長ですが、
小売店レベルであれば、ちょくちょく有料でまとめて種類を飲めるものがあります。、
今回10種類飲み比べでしたが、昔から日本ワインを牽引してきた老舗から、最近注目の生産者まで、
続きを読む

甘くとも、旨けりゃいいよね?スチューベン「日本ワインmatsuri」

甘くとも、旨けりゃいいよね?スチューベン「日本ワインmatsuri」
開催日 2018年4月13-14日
カテゴリー 日本ワイン
産地 北海道-九州
かつて、豊洲で行われていた頃に一度行った「日本ワインmatsuri」。
いつの間にやら中々味を見られない新しいワイナリーが多くご出展。
9種試飲。なかなかにどれもレベルが高いです。
続きを読む

日本ワイン産地四天王が激突「TGGJWC日本ワイントーナメント準決勝 長野vs東北/北海道vs山梨」

TGGJWC日本ワイントーナメント準決勝
開催日 2018年2月27日
カテゴリー 国産ワイン
産地 長野・北海道他
日本ワインナンバーワンの地域を決める、「TGGJWC地域対抗トーナメント」の準決勝が開催されました。
今回がベスト4の激突ということもあり、開催前から期待は高まっていたのですが、
今回のハイライトは、第一試合の「山梨以外の甲州対決」と、、、、
続きを読む

世界を旅するワイン展 国内編おすすめベスト10

世界を旅するワイン展 国内編おすすめベスト10
開催日 2018年2月21日-26日
カテゴリー 日本ワイン
産地 北海道~宮崎
2月26日まで伊勢丹新宿店で開催の「世界を旅するワイン展」。
当サイトでも恒例となりつつあるジャンル別ベスト10を、生産県、商品名、テイスティングコメントと共にご紹介。
こちらは国内編です。
続きを読む

ド7+6種で見る日本のピノと他品種テイスティング「第二回ピノノワールサミット後編」

第二回ピノノワールサミット二部
開催日 2018年2月12日
カテゴリー 日本ワイン
産地 北海道~宮崎
前編に引き続き、テイスティング。ピノノワールを仕込む日本の生産者が、他の品種のワインも出展。
実力派ワイナリーが多いため、今の日本ワインのトレンドと水準を知るには恰好の機会です。
ピノ・ノワールのワイン8種とそれ以外の品種やスパークリング6種の味わいをご紹介します。
続きを読む

ドメーヌタカヒコ他日本ワイン界に海外から痛烈な指摘「第二回ピノノワールサミット前編」

第二回ピノノワールサミット前編
開催日 2018年2月12日
カテゴリー 日本ワイン
産地 北海道、新潟他
今年で2回目を迎える、日本のピノノワールに焦点を当てたイベント。
去年に引き続き、第1部のパネルディスカッション、第2部のテイスティングともにレポートします。
第一部のパネルディスカッションも日本の去年とパネラーが全員違う上に、日本の生産者は三者のみ、、、
続きを読む

“#4 Tsuno wine” SakeWineMaker@JP

Up Date 11/01/2018
Area Miyazaki
Categoly Wine maker
One of wineries where is located in a southernmost in Japan.
The vinyard derives from an patient effort of Mr. Nagatomo who stood up the fruits place from nothing.
He became the trigger which makes this place a grate grape producing center...
READ MORE

“#2 Tamba wine” SakeWineMaker@JP

Up Date 18/08/2017
Area Kyoto
Categoly Wine maker
“Tamba wine” was founded in 1979.
1st presentation is Tatenokawa in Yamagata pref. When the winery started –up their purpose was making wines went well with a “Kyo-ryori” ...
READ MORE

ハイレベルな赤対決「TGGJWC日本ワイントーナメント2回戦長野vs北陸・関東/北海道vs中国・四国」」

TGGJWC日本ワイントーナメント2回戦
開催日 2017年11月27日
カテゴリー 国産ワイン
産地 長野・北海道他
TGGJWC第2回目の日本ワインのトーナメント(2回戦)が行われました。今回もアドヴァイザーとしてお招き頂きました。
前回1回戦に引き続き、地域ごとのトーナメントで泡白赤の3種類をそれぞれブラインドテイスティングで比較。
2度目の今回は両対決とも赤ワインが特にハイレベルな対決。
どちらに投票するか迷っていらっしゃる方も多く見受けられ、、、、
続きを読む

家庭料理8品マリアージュ比較「あえて山梨県以外の甲州2種飲み比べ」

掲載日 2017年11月2日
カテゴリー 国産ワイン
産地 山形、長野
国際品種のワインも増えては来ていますが、やはり日本のアイデンティティーとも言える甲州種のワイン。
和の味つけ、だしなどに寄り添うワインとしてこれからもその存在価値が増していくことでしょう。
今日はあえて山梨県以外の甲州を2種類、あらゆる家庭料理に、どちらが合うのか、、、
続きを読む

「第1回日本ワイン地域対抗トーナメント」潜入レポート

開催日 2017年9月5日
カテゴリー 国産ワイン
産地 九州、北陸、関東、関西、中国
新シリーズ「日本ワイン地域対抗トーナメント」という企画で、特別にお招き頂きました。
各地方を代表するワイナリーの選定アドバイスをさせて頂いたのがきっかけです。
初回のこの日は1回戦、九州VS北陸+関東そして関西VS中国+四国の対決で
続きを読む

「グレイス茅ヶ岳赤vs都農マスカットベイリーA」比較試飲レヴュー#1

品名 グレイス茅ヶ岳赤 都農マスカットベイリーA 生産者 中央葡萄酒 都農ワイン
産地 山梨県 宮崎県 都農 品種 マスカットベイリーA+他2種 マスカットベイリーA
種別・味わい 赤 やや重め 赤 極軽口 参考価格 2,160円 1,388円
  今後酒・ワインのレヴューは2種以上の比較でより判りやすくお伝えします。
リニューアル初回はマスカットベイリーAを主体とした日本ワインの飲み比べ。
グレイスの茅ヶ岳はカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロを補助品種として使うこともあり、ベイリーAを使うワインとしては大変、、、
続きを読む

限定千本 鮮やかしっかり「神戸ワイナリー ふわり 白」

産地 兵庫県 神戸 生産者 神戸ワイナリー
種別・味わい 白泡 やや重め 辛口 品種 シャルドネ他
アルコール度 11.0度 参考価格 2,880円
  すでに評価を得ているシャルドネを用いて仕込まれる、スパークリングワイン「ふわり」のシャルドネベース。
ライム、青りんごなどの香りがあり、南国のフルーツ、熟したフレーバー、甘夏のような風味を感じる。滓を含んでいるということもあり、、、
続きを読む

和の為の和ピノ「丹波ワイン ピノノワール2014」

産地 京都府 京丹波町 生産者 丹波ワイン
種別・味わい 赤 やや重め 中辛口 品種 ピノノワール
アルコール度 12.0度 参考価格 3,500円
  和食に合わせるために、というコンセプトで京都の北に1979年に生まれたワイナリー。
 このヴィンテージに関してはある程度色づきも良く、他の国産や輸入のピノノワールと比べても遜色のない厚みがあります、、、
続きを読む

レビュー

シンプル、広がり、和の風味「セイズファーム メルロ2015」

産地 富山県 氷見 生産者 セイズファーム
種別・味わい 赤 やや重め 辛口 品種 メルロ
アルコール度 12.5度 参考価格 3,600円
  元々魚屋を営んでいた会社が、富山湾岸港町氷見の丘陵地で育てたぶどう用いて造る、現在注目の国産ワイン生産者。シンプルかつ洗練されたラベルも、目新しくトピックとなりうる。
このメルロは端にピンクがかった明るい、鮮やかな、、、
続きを読む

レビュー

陽の恵み、時の恵み「神戸ワイナリー ベネディクシオン ルージュ 2013」

産地 兵庫県 神戸市 生産者 神戸ワイナリー
種別・味わい 赤 重め 辛口 品種 カベルネソーヴィニョン、メルロ
アルコール度 12.0度 参考価格 2,880円
  ベネディクシオンシリーズ。そのレベルの高さに、日本ワインの発展度合いを重ねるほど、卓越した出来です。
熟れた酸がありドライ。アンズ、ベリーのジャムやスパイス、ドライフルーツなどの風味がします。時間が経つと、、、
続きを読む

レビュー

意外な食材と合ったザクⅡ色「はすみふぁーむ・ナイアガラドライ」

産地 山梨県 東御 生産者 はすみふぁーむ
種別・味わい 白 軽め 辛口 品種 ナイアガラ
アルコール度 10.0度 参考価格 1,800円
  長野・東御の地で新たなワイン造りの可能性をいち早く模索してきた、蓮見氏によるワイナリー。
香りは、マスカットの皮や種を連想させる、必要に強い芳香があります。
2日目の、ボトルを飲みきる頃には、、、
続きを読む

レビュー

ボトル外観のままの透明感「塩山洋酒醸造 ザルツベルグ 甲州2015」

産地 山梨県 塩山 生産者 塩山洋酒醸造
種別・味わい 白 やや軽め 辛口 品種 甲州
アルコール度 13.5度 参考価格 1,950円
 裏ラベルにも表記されているとおり、ザルツベルグとは塩と山を意味するドイツ語。英語のソルトの同義であります。
香りには日本酒の吟醸香のような華やかな香り、若干スモークのタッチ、すっきりとして塩味を感じます。
すっきりとした中にも、じわりとした旨味。梨のジュースのような、、、、、
続きを読む

レビュー

極上の10酒x10皿「都農ワイン 特別メーカーズディナー」前編

開催日 2017年2月25日
カテゴリー 国産ワイン
産地 宮崎
「キャンベルアーリー・ロゼ」はアルコールが低く9パーセント、やや甘めの味わいですが、飲み手を和ませる癒し系。
ワインの細やかな酸味が抑え、甘過ぎることなく余韻はすっきりと、、、
続きを読む
レポート

極上の10酒x10皿「都農ワイン 特別メーカーズディナー」後編

開催日 2017年2月25日
カテゴリー 国産ワイン
産地 宮崎
最後に「ズワイガニのサフランパエリア」と「甲州プライベートリザーブ」。南国宮崎であえて栽培される甲州。
一方ボケリアさんのパエリアは、頂くのは2度目ですが、、、、
続きを読む
レポート

10年後のピノの可能性を探す!?ピノノワール サミット テイスティング

開催日 2017年2月12日
カテゴリー 国産ワイン
産地 全国(北海道~宮崎)
ピノノワールサミットの後半。午後は100種類以上のワインが一堂に会し、テイスティングできる場が設けられました。
せっかく数多くのピノノワールを試せましたので、ここでヨーロッパの著名な産地に例えて味を、、、
続きを読む
レポート

Kisvin Caprice (キスヴィン カプリス)2015

産地 山梨県塩山 生産者 キスヴィン
種別・味わい ロゼ やや辛口 品種 不明(甲州市産)
アルコール度 12.5度

  海外で修行された後醸造を任されていて、お話ぶりも論理的、人を惹きつける魅力をお持ちの醸造家斎藤さん。
  このロゼは味にはほんのりフルーツの甘み、細いながらも、一本筋が通っていて、、、、
続きを読む

レビュー

世界を旅するワイン展 国産ワイン5選

開催日 2017年2月22-27日
カテゴリー 国産ワイン
産地 北海道~九州
伊勢丹新宿店で開催中の「世界を旅するワイン展」のおすすめアイテムを、こちらは国産ワインのおすすめ5選です。
あくまで売り手目線ではなく、買い手目線でお奨めさせていただきます。
① 安曇野ワイナリーの、、、
レポート

第1回 ピノノワールサミット 前編

開催日 2017年2月12日
カテゴリー 国産ワイン
産地 全国(北海道~宮崎)
6社の醸造家が会した座談会、「第1回 ピノノワールサミット ミーティング」にお邪魔してきました。
ピノノワールの難しさを実感する6人が、お互いの栽培方法について疑問をぶつけ、それに応える形での発言もあり、、、
続きを読む
レポート

第1回 ピノノワールサミット 後編

開催日 2017年2月12日
カテゴリー 国産ワイン
産地 全国(北海道~宮崎)
ピノノワールは濃度をどの程度にするかにより大きく差が出る。それぞれ考え方、アプローチの差が浮き彫りになりました。現在、日本の有力ワイナリーの醸造を手がける皆さん。その方向性を知れば、日本ワインの未来が見えるかも、、、
続きを読む
レポート


↑ PAGE TOP